カテゴリー: お墓

  先祖探しで、戸籍以上の進展を図ろうと思えば、次には位牌、お墓、過去帳になります。 過去帳には自宅保管用とお寺保管用があり、住職様に誠意を見せて行けば、自家の先祖が遡ることも可能です。 ここまでで、1700年 […]

続きを表示

  先祖探しをすると、通常最初は戸籍謄本の入手で江戸時代末期のご先祖様が判明します。 その時の感動は今でも忘れられません、特に安政、嘉永などの年号の先祖が記載していると、安政=安政の大獄 嘉永=ペリー来た時とい […]

続きを表示

  自分の実家に先祖の話を聞きに行くときは、気兼ねをしなく何回も聞くことが出来ますが、親戚特に遠戚の家ならばそうそう何回も行くことができません。 その時には質問表に基づいて1つ1つ確認していくことをお勧めします […]

続きを表示

  先祖調査の三種の神器である、位牌、お墓、過去帳ですが、これらの中に詰まっている情報は非常に重要なものとなってきます。 しかし、この3つのものが全く同じ情報があるかというと否です。 昔は特段ルールもありません […]

続きを表示

●先祖が住んでいた家 ●田畑の場所 ●お墓の場所(新墓、旧墓ともに) ●近隣の菩提寺や神社 ●親類や遠戚の住んでいた場所 など 私達は実地でそれを調べていますので、どこにあるか分りますが、自分達の子孫が、まったく知らない […]

続きを表示