カテゴリー: 過去帳

  スポンサーリンク 朗報です!! 前回県外に伺い、少しでも同姓の調査を行おうと思ったご自宅でとりつく島の無い状態でした。 【悲報】先祖探しでの出来事・・・ しかし、その晩に手紙を出していたお寺様からメールが届 […]

続きを表示

  スポンサーリンク 先祖探しで避けては通れないものがあります、それは古文書の解読です。 特にお寺の過去帳や宗門人別帳などではまず行書や草書になってきますので、読めない文字がでてきてせっかくの先祖を見落とすこと […]

続きを表示

  スポンサーリンク 江戸時代の先祖探しをするには3種の神器である、位牌、過去帳、お墓が必須です。 過去帳、位牌、お墓について 位牌:白い木の札のようなもので「繰り出し位牌」という形態が一般的。 過去帳:先祖の […]

続きを表示

  スポンサーリンク 先祖探しをすると、通常最初は戸籍謄本の入手で江戸時代末期のご先祖様が判明します。 その時の感動は今でも忘れられません、特に安政、嘉永などの年号の先祖が記載していると、安政=安政の大獄 嘉永 […]

続きを表示

  スポンサーリンク 自分の実家に先祖の話を聞きに行くときは、気兼ねをしなく何回も聞くことが出来ますが、親戚特に遠戚の家ならばそうそう何回も行くことができません。 その時には質問表に基づいて1つ1つ確認していく […]

続きを表示

  スポンサーリンク 戸籍等で遠戚の家が特定して手紙を書いたが、先方から2週間から1ヶ月だっても返信がない場合は思い切って電話をしてみましょう。 年配になると、気にはなっているが、返信するのが億劫になっている方 […]

続きを表示

  スポンサーリンク 先祖調査の三種の神器である、位牌、お墓、過去帳ですが、これらの中に詰まっている情報は非常に重要なものとなってきます。 しかし、この3つのものが全く同じ情報があるかというと否です。 昔は特段 […]

続きを表示