カテゴリー: 公的機関

  明治時代の古い地図と同様に古い写真も確認すると、新しい発見があります。 こちらも国土地理院のサービスとしてあります。 自分の先祖の住んでいる場所の戦後間もない写真があります。 拡大すると、田畑が拡大して分か […]

続きを表示

  江戸時代の先祖がどのような場所に住んでおり、どのような生活圏であったのか?婚姻関係はどの位の距離であったか? などを推測するには、明治時代の地図があると便利です。 現代は車社会ですので、私達の頭のなかも車で […]

続きを表示

  市町村史を確認すると、自分の先祖の記載があることが稀にあります、江戸時代後期の古文書に出てくる場合は屋号を知っていないと分りませんが、逆に屋号と先祖の名前が一致すればかなり高い確率で先祖と断定できます。 明 […]

続きを表示

  旧土地台帳から得られる情報は、戸籍よりも少ないかもしれませんが以下の情報が得られます。 ①先祖が住んでいた土地所有者 明治の中頃から昭和30年頃までの所有変遷が分りますので、その中に自分の先祖がいれば、どの […]

続きを表示