Bru-nO / Pixabay




私が先祖探しを始めたきっかけ

それは、小学生の頃から、祖父母、両親と墓参りを盆や彼岸にしており、その度に先祖の話をしていたからです。

 

私の家の伝承として高祖父がある村から天秤棒を担いで行商にきて、村の娘と懇ろな中になり、いつの間にか子どもが出来たという話しがありました。

 

高祖父母の墓

高祖父母の三男の一緒に眠っています。

 

江戸時代の話であり、あくまでも家伝でしたが、田舎から自宅に帰る車のなかで父親が毎回同じような話をしており、私の中では伝説の高祖父になっておりました。

 

少し成長して中学生や高校生時代には祖母からもう少し詳しく確認したり、仏壇やお墓の年号を確認する程度でした。

 

大学生になった春に図書館で町口充著の「家系図をつくる」という本を読んで衝撃をうけ、戸籍謄本を取りにいったことが本格的なスタートでした。

 

そして、大学1年の時に伝説になっていた、村を探し出して、とうとう、高祖父の実家の家を特定した時には、感慨ひとしおでした。

高祖父の所有していた古書:ここから先祖の家が特定。

 

本家の方が菩提寺に先祖の戒名を抽出依頼して、尚且つ住職のご厚意で、全てをピックアップして1730年頃までの先祖が判明した時には、驚きと同時に、どの家でも色々な事をやっていけば、ある程度古い年代の先祖も分るのでは?と淡い期待を持ちました。

 

この成功体験が元で、全ての直系尊属を調べるようになりました。

 

まずは、役場での戸籍謄本取得。

父方で2箇所、母方1箇所という非常に少ない役場でしたので移動時間や担当者のやり取りが少なくスムーズでした。

しかし、当時は戸籍謄本を読むスキルも低く取得漏れもありました。

 

ここからは親戚の家の位牌、お墓、家紋の調査などを調べてデータベースにしていった次第です。

自分の両親の実家は行き来がありますがそれ以上になりますと、面識がありませんので、祖母や叔父のつてを頼ってから紹介して頂き遠戚の家に伺いました。

自分の家もしくは親戚宅で調査方法

 

当時は質問も思いついたままの質問でしたので、今となってはもう少し体系的に質問出来れば良かったなと思います。

親戚にお話を聞きに行く時の質問表

 

 

お墓に関しては、最初は読めないのですが、何回も彫ったところ指でなぞると、あるとき何故か読める時があり、その繰り返しで、情報収集を行いました。

何回も行くことで丁度夕方に光の加減で鮮明に読めた墓石。





社会人になり、中断をしたこともありましたが、子どもが生まれて再度後世に残したい気持ちが芽生えてから取り組んでおります。

 

戸籍の取得、遠戚での調査は調査開始2~3年でほぼ90%位は完了しました。

 

そこからはライフワークとなります。

菩提寺との縁があれば事情を説明して過去帳から先祖情報を抜き出して頂く依頼。

別の遠戚と知り合いになれば、お話を伺いにいく。

 

それから、更に進めて、郷土史の研究、先祖の苗字がどの地域に多く分布しており、どのような流れで派生していったのか?

市町村史には江戸時代の文献が活字になっているが、先祖の名前が記載されていないか?

このような地道な調査を行って、数年に1回新発見が1つあるかないかというところです。

 

ただし、新発見は無くとも、調査をした内容を苗字別にまとめていますが、まとめ方で毎年修正がありますので終わりがありません。

まさに一生かけてやっていくものだと思います。

 

ネットについて

自分の周りに先祖調査に興味のある方が誰一人もいないため、全国でも同じような方がいるのではないかと思いこのサイトを作成した次第です。

サイトに関しては「ござんべえのページ」を高校生の時に見て衝撃を受けて、いつか自分でも作ってみたいなという気持ちになりました。

以前はヤフーでサイトを作成していましたが、廃止になった為、心機一転別のサーバーでやり直しました。

その他、掲示版、ツイッターなども活用しながら、日本全国で困っている方の一助になればと思っています。

 

ということで、すでに35年以上経過しておりますが、今でも新発見があり、ライフワークとなっております。

 

追伸

元々家系図というものが好きだったのだと思います。

中学生の時は日本史の教科書や資料集の家系図のところを眺めているのが好きでしたし、古事記や日本書紀の文章から自分で家系図を作成していました。