スポンサーリンク

自分の苗字が稀少姓の場合は、まずどこが苗字の発祥の地かを発見することになります。

基本的には親戚の方に確認をする方法が一番確実ですが、明治時代に都心部に転居してはや100年とかになると、親戚もよく分らないということもあります。

そのような時には以下のHPが役に立ちます。

姓氏の調査

日本の苗字七千傑

殆どの苗字を網羅しております、稀少姓の場合は有益な情報源になります。

写録宝夢巣

同姓の分布図にはこのHPが便利です、全国でどの位いるのか?県内ではどこに多いかが分ります。

苗字でポン!

同姓の人間がどこの多く住んでいるか分かり易いです。

これらのHPからどこに同姓が固まっているかを確認したら、電話帳で該当する地区に手紙を書く方法に進んでいきます。

稀少姓でも10軒以上あれば、1軒くらい何かしらの由来を伝えている家があると思います、問題は全国に4~5軒しかいない家です。

このような場合は、同族の可能性が高い為、同族に苗字の由来が伝わっていない場合はこれ以上特定困難な場合があります。

数軒しか無い場合は、明治新姓の時に作られた名前の可能性もあります、明治新姓で新しく作った名前の場合は基本的に庄屋につけて貰ったなどの事例がありますが、後は屋号から苗字にした場合や、住んでいた場所の名前を苗字にしたというケースもあります。

私の例では、稀少姓ではありませんが、本家と分家で苗字が変っておりました、理由は分らないとのこと、ひょっとしたら、土地の名前を苗字にしたのでは無いか?と思い、旧土地台帳を確認すると小字でその苗字名が記載されておりました。

分家した時が丁度明治新姓頃で、自分の住んでいる小字レベルの地名を苗字とした可能性もありますので、親族でどうにも分らない場合は念のために、旧土地台帳を確認することをお勧めします。

また、たまに、村(1つの行政区くらいの大きさ)の名前と同じ苗字の方がその地方にいる場合がありますが、この場合は、鎌倉から戦国時代にその地域を統治していた小豪族の可能性もあります、明治になったといっても、いきない、そのような小豪族の名前を勝手に名乗ることは憚られますので、その苗字を名乗っている場合は子孫の可能性があります。

 


参考になりましたら、ポチっとお願いします。 にほんブログ村 歴史ブログ 歴史情報へ にほんブログ村