Josch13 / Pixabay

 

スポンサーリンク

○長沼家

長沼家は私の曾祖母の実家ですが、祖父が養子ですので血縁関係はありません。

まず戸籍で、実家がどこかということは分かっていましたので、長沼さんに手紙を送付し何かご存知でしょうかとたずねました。

この時は戸籍を入手していたことが役立ちました。

なぜなら、戸主の孫まで記載されており、電話帳をみたら、その方が記載されてたからです。

そうすると返信があり、墓の場所を教えてくれるそうですので、伯父と一緒に公民館で待ち合わせをして一緒に墓にいきました。

残念なことにご当主は10年以上前に亡くなっており、来られたのは奥様とお嫁さんでした。

墓所は山奥の中にあり、赤の他人には絶対に分からない場所でした。

そこの長沼の墓を確認すると、ちゃんとした墓があるのですが、墓の隣に石が固まっておいてあるのが確認できました。よく見てみると昔の墓の残骸でした。(新しい墓を作る時に崩したもの)

それをさらに見てみると五輪塔があるではないですか。

長沼さんにお話を聞いたら長沼家は昔からの旧家だったらしいです。

位牌や過去帳の存在も確認しましたが、両方無いとの事、菩提寺は遠いところにあるが、現在は住職が亡くなり、廃寺になっており隣村のお寺ににお経を上げてもらっているとのことでした。

後日、県史を見てみると、地元有力者に長沼家がいたことが判明しました。

(私の系列との関係は不明)さらに萩藩閥閲録には長沼家が出ており、戦国時代に九州の宗像氏が没落し落ち延びたとあり、そこで長沼に改名したとありました。

おそらくその長沼と関連があるのではと考えています。

学んだこと

比較的新しい家の系列は探しやすい(曾祖父母の実家、つまり高祖父母まで)

なぜなら高祖父までなら戸籍が存在しており(明治19年版)その中には孫まで記載しており、実際にはその孫が生存している可能性がある。

ただしこれは旧戸籍法の話で現在は2親等までしか記載できませんので(親と子まで)子孫が探そうとしたら不可能になるでしょう。

最近は住職が亡くなって廃寺になる寺が多いです(特に田舎のお寺)

過疎地は檀家も減ってきますので廃寺になっていくのではないでしょうか?


参考になりましたら、ポチっとお願いします。 にほんブログ村 歴史ブログ 歴史情報へ にほんブログ村