Pocket


城データ

城名:有田城

別名:無し

標高:456m

比高:20m

築城年:不明

城主:不明

場所:広島県三次市甲奴町有田

北緯:東経:34.738263/133.077775

Google マップ (Google Maps) で緯度経度を指定して場所を見つける方法

※C. フォーマット「度(DD)」の場合を参照。

攻城記

城の場所は分かりやすい場所にある。

麓には川も流れており天然の堀の役割を果たしている。

城を見上げるがこれは登れない。

ここからのアタックは断念する。

実は反対側から山頂に登れる道があった。

これなら山頂まで行くことも可能。

どんどん進んでいく。

木が伐採されており見通しも良い。

曲輪跡。

奥に進んでいく。

さっき来た方向を逆から見る。

比高20mとあるがかなり遠くまで見通せる。

曲輪跡。

城の本丸部分辺り。

本丸から先にいくと墓所があったが、この部分も曲輪部分か。

有田城遠景

木々が伐採されていたため景色もよく分かりやすい。

 

余湖図【有田城】

当時のイメージ図(余湖図コレクションより引用)

 

城の概要

南北に延びる丘陵の中ほどに堀切を設け,ここから北側に郭が広がる。

 

最高所の1郭は南端にあり,最大の規模の2郭は東側にゆるやかに傾斜している。

 

『広島県中世城館遺跡総合調査報告書』より引用

 

城の歴史

詳細不明

 

所感

●当初城の西側から登ろうとしたが、木々が生い茂り直登不能であった。

 

●逆に城の東側は山頂まで木々が伐採されており、簡単に登れたがこれは伐採用の道がつけられたため。

 

●山頂の木が無いため見通しが良く、当時の景色も想像しやすい。

 

 

関連URL

【広島県三次市太郎丸】中世の地侍について

近隣の山城

 

参考URL

 

参考文献

『日本城郭大系』13

『広島県中世城館遺跡総合調査報告書』

『広島県の地名』

『広島県地名大辞典』

『広島の中世城館を歩く』

『萩藩諸家系譜』

『毛利八箇国御時代分限帳』

『萩藩閥閲録』

公開日2022/09/03

 

ホームに戻る

攻城一覧

 

Copyright © 山城攻城記 All Rights Reserved.