Free-Photos / Pixabay

 

スポンサーリンク

先祖の名字が変ることは調査をしていたらあります。

明治新姓以降で名字を変更する場合は裁判所の許可が必要ですので、そうそうあることではありませんが、明治新姓のタイミングではあったケースも散見します。

具体的には戦国時代に●●という名字であったが、戦に敗れて帰農し名字を▲▲にした、しかし、明治新姓のタイミングで●●に戻した

とか

江戸時代中期には●●という名字であったが、とある事情で■■にした、しかし、明治新姓のタイミングで元の姓である●●に改姓した

など

 

また、戦国時代以前を一般の家庭が遡ることはなかなか難しいですが、土豪の出であれば、分家した時に名字を替える、養子にいったので名字を替える事も多いです。

 

なので、自家を遡って行ったら全く違う名字だったということもありますが、そのようなこともあるのか~ と認識しておくことも必要になってきます。

しかし、それを更に遡っていくと、今使用している名字戻ることもあります。

その当時、その名字を使用しないといけない理由(その名字を使用した方がメリットがある)があったはずです。

その辺りを調査することによって、先祖調査の幅が広がっていきますし、一人一人のご先祖様の肉づけも出来てきます。

 

農家の場合はそのような事はあんまりかもしれませんが、農家でも戦国時代や江戸時代初期に帰農したもと土豪の系統ではそのような伝承が伝わっているかもしれません。

そのような家は戸時代には庄屋や組頭のように地域のリーダー的な家だと思います、そのような家と自家が同じ場合は分家の可能性もあります。

※但し、明治新姓の時に庄屋から名字を頂いた可能性もあります。

 

まずは、両親や親戚に色々な話しを聞いてみましょう。

私の例では、遠戚に確認したところ、とても複雑なことがあり2つの家の名字がお互いに変更したという事があったようです。

 

まとめ

①自家の名字が昔からず~っと同じでは無い場合がある。

②理由は戦国時代に戦に負けて帰農したとか様々なことが考えられる。

③農家の家でも変更した場合があるので確認は必要。

④まずは、両親や親戚に確認をしてみる。

 


参考になりましたら、ポチっとお願いします。 にほんブログ村 歴史ブログ 歴史情報へ にほんブログ村