GWが始まりました!!

旅行に行かれる方、仕事の方も多いですが、もしも、田舎の実家などに帰省される方でしたら、両親、祖父母や叔父、叔母に自分の先祖に関して聞いてみませんか?

1人に聞くと1つの情報しか出てきませんが、多くの人数がいる時に確認すると、1つの情報に沢山の情報が出てきます。

 

(例)

祖父:親父は酒飲みで困った。

大叔父:短気でなにかあればすぐに「げんこつ」が飛んできた。

父:お爺さんは、いつも縁側で酒を飲んでいたが、こっそり小遣いをくれていた。

叔母:お爺さんは正月には一緒にたこ揚げをしてくれた、優しかったお爺さんでお婆さんには内緒でお菓子をいつもくれていた。

 

上記の内容から、お爺さんは若い頃短気で酒のみであったが、後年孫が出来る事には「好好爺」となっていたと分ります。

また、男性と女性では感じ方は違う場合もあります。

 

このような感じで確認することをお勧めします、出来れば祖父母にその祖父母(私達からすれば高祖父母)の事が教えて貰いましょう。

 

優先順位一番で確認する事案になります

なぜなら生きている方からの証言に勝るものはありません、高祖父母の人となりを聞けることは、なかなかありません。

 

質問のコツとして。

●同じ方に聞くのではなく、複数の方に聞く。

●質問の仕方を変えてみる。

●先祖でも複数の先祖について聞いてみる。

※祖父母だけでなく曽祖父母は?高祖父母でも会っている方いるかもしれません。

先祖質問の表を見ながら質問すれば漏れが少なくなります。

先祖確認表、質問事項

 

また、GWに田舎の家に来ていないが重要な親戚なども存在していると思われます。

※祖父の姉など

このような人物が実は重要な先祖のことを知っている可能性もありますので、一通り親族と話しをしたら、もっと詳しい方がいないかを確認しましょう。

 

そんな時には戸籍謄本を必ず用意して、また自分なりに家系図を作成して、どこに人物の漏れがあるのか?を事前に確認しておきましょう。

 

叔父や大叔父の中で話しをしている人物がどのような関係なのか?を事前に知っておけば話しにも参加しやすいですし、関係図が頭に入っているので、GW中に自宅に来ていなくても逆にこちらの方から出向くことも可能です。

※関係図が不明の場合は及び腰になりますが、知っていると積極的になります。

 

また、もう何回も聞いたよ、という方も別の角度からの質問をしたら、全く違う回答が出てくるかもしれませんので、親族間の話は重要になってきます。

 

田舎の場合GW中は田植えや農作業をしている場合も多いです。

そのような中に積極的に参加手伝うことで、同じ時間を共有することになります、同じ時間や空間で過ごすことで心理学でいうザイオンス効果を得られます。

ザイオンス効果:接触回数が増えれば増えるほど好感度が増す効果。

 

一生懸命にお手伝いをすることで、心証が良くなる→結果的に自分の欲しい先祖の情報を得られる。

 

【まとめ】

●GWなどは親族が集まるチャンスである。

●戸籍謄本から親戚の関係図を頭にたたき込む。

●田植えなどをしている場合は積極的にお手伝いを行い、親しみやすくする。