Pocket



 

城データ

城名:賀田城(かだじょう)

別名:無し

標高:494m

比高:110m

築城年:戦国時代

城主:烏田氏(からすだ)

場所:島根県飯石郡飯南町下来島

北緯:東経:35.045414/132.728417

Google マップ (Google Maps) で緯度経度を指定して場所を見つける方法

※C. フォーマット「度(DD)」の場合を参照。

 

攻城記

城主島田氏の子孫が碑を建立している。

登山道が整備されており楽にいける。

曲輪跡。

曲輪跡。

賀田城跡

右の図は、賀田城のある松本山を上方から見たものに、城の構造を実測して書き加えだものです。

 

およそ標高(盤越) 450メートルの山頂まで、様々な防御施設が築かれているのが分かるかと思います。

 

賀田城の最大の特徴とも言える「連続堅堀群」は、主郭部の南側一体に長さ約30m幅3〜5mの堀が八本、真下へ向かって延びています。

 

また、七郭への進入口である「虎口」、八郭の土塁といった特殊な縄張り(城の構造・防御施設の配置)は県下でも類例がなく、初めての発見です。

 

賀田城を守る会

三の丸。

 

余湖図【賀田城】

当時のイメージ図(余湖図コレクションより引用)

 

城の概要

【城史】

毛利氏が瀬戸山城に籠る赤穴氏に降伏を迫った時、徹底抗戦を唱えた赤穴氏配下の森田氏と鳥田氏が籠った 「松本山の石城」が賀田城とされている。

 

両氏はゲリラ 戦を展開したが、毛利氏との戦いのなかで鳥田氏、そし て森田氏が討死すると残った将兵は白鹿城に向けて敗走したという。

 

『出雲の山城』より引用。

 

賀田城

賀田城跡が加田と松本集落間の通称城山にあり、南北朝時代佐波実連の弟秀清が籠城。

 

また赤穴幸清の弟左馬助幸季の居城とされる高名和城は賀田城にあたると推定される(赤来町史)。

 

永禄三年(一五六〇)尼子方赤穴右京亮の臣森田勝経・烏田勝定勢はこの城に拠って抵抗した(雲陽軍実記)。

 

川尻区黒谷地内に宝篋印塔と思われる墓一基と、その付近に八人塚とよばれる古い墓碑が散在する。

 

『島根県の地名』より一部引用。

 

賀田城
賀田城は、飯南町下来島にある通称「松本山」(標高494m)に築かれた中世の山城です。

 

『赤穴家系図』によると、1346年(正平元年)に石見地方の国人領主であった佐波実連の弟・秀清が「都賀高巻城に籠城して利あらず、のち、下来島高名和城に籠る。

 

また、同書に「佐馬助幸季(赤穴美作守幸清の弟)、下来島・八神・志津見・波多の四村を領す。下来島高名和城に居し、のち、越後守と号す」とあります。

 

築城に関わった人物や、年代は不明ですが、南北朝時代にはすでに存在し、のちに赤穴氏が入り、瀬戸山城(赤穴氏の本城)の支城的な役割を果たしたことがうかがわれます。

 

1560年(永禄3年)には、毛利軍への降伏を決めた城主に対し、徹底抗戦を主張し、下城して戦った島田勝定・森田勝経の軍が立てこもった城としても知られています。

 

また、関ヶ原の戦いのちの堀尾氏の出雲国入封に際しては、彼らの手によって改修が行われたことが、城の構造などから指摘されています。

 

現在、本丸跡へは登山道が整備され、およそ30分で行くことができます。

 

山頂付近には当時の堀切・土塁・連続竪堀群など、山城の遺構がよい状態で残されています。

 

特に、第7郭と第8郭は、それぞれ単独の防御拠点でありながら、連携した防御構造となっており、この特殊な構造は、県内の城に類例がなく、大変貴重であるといえます。

 

また、城跡の南西山麓には五輪塔が3基残っていて、賀田城との関係が指摘されています

 

看板より

 

城の歴史

正平元年(1346):佐波実連の弟・秀清が下来島高名和城に籠るがこの城か。

 

永禄3年(1560):毛利の尼子討伐戦の時に立て籠るが結局落城する。

 

所感

●公園化されており本丸は楽に到着できる。

 

●城は小ぶりながらしっかりとつくられており、見ごたえあり。

 

●1560年当時実際に戦が繰り広げられた城なので、攻め手、守り手の立場で散策すると興味深い。

 

●城主は烏田(からすだ)で島田でも鳥田でもない。

 

関連URL

【島根県】瀬戸山城【尼子十旗4城目】

主君である、赤穴氏の城。

 

参考URL

城郭放浪記(出雲賀田城)

西国の山城(賀田城)

忠義の士烏田権兵衛

参考文献

『佐田町の遺跡 窪田地区』

『島根県中近世城館跡分布調査報告書』

『日本城郭大系』14

『島根県の地名』

『島根県地名大辞典』

『出雲の山城』

『萩藩諸家系譜』

『萩藩閥閲録』

『毛利八箇国御時代分限帳』

公開日2022/01/10

 

ホームに戻る

攻城一覧

 

Copyright © 山城攻城記 All Rights Reserved.