Pocket



城データ

城名:宵田城

別名:南龍城

標高:155m

比高:140m

築城年:享禄2年(1430)

城主:垣屋氏

場所:兵庫県豊岡市日高町岩中字城山

北緯:東経:35.462789/134.768558

Google マップ (Google Maps) で緯度経度を指定して場所を見つける方法

※C. フォーマット「度(DD)」の場合を参照。

攻城記

鹿島神社。

公園になっており、歩いて登っていく。

旧道を進む。

途中から眼下を臨む。

とにかく進んでいく。

削平地もあり曲輪跡だと思われる。

こちらも曲輪跡。

二の丸跡。

三の丸。

切岸で高低差のある曲輪。

周辺部。

整備がされており見やすい山城。

川が天然の堀をしている。

本丸、鉄塔が建っている。

北を臨む。

しっかりと土塁が残っている。

本丸ど真ん中。

 

余湖図【宵田城】

当時のイメージ図(余湖図コレクションより引用)

 

ひなたGIS【宵田城】

 

 

城の概要

1.位置と城史

宵田城は円山川支流の稲葉川右岸、岩中集落西側、標高156mの山頂に所在し、山裾を円山川に注ぐ稲葉川が堀のように取り巻いて流れている。

 

城域は東西・南北とも約400mもある大規模城郭で、岩中集落との比高は約136mを測る。

 

宵田城は永享2年(1430)楽々前城主垣屋隆国が築き、二男垣屋国重を城主とした(因幡垣屋系図)というが、一次史料では確認できない。

 

文献的に確認できる城主は、熙知、遠忠、豊知、孝続である。次にその史料を紹介してみよう。

 

 

文安5年(1448)10月、垣屋知は竹野・興長寺に対し、段銭を免除している(垣屋熙知段銭免除状「興長寺文書」)。

 

文明4年(1472) 5月、垣屋遠忠は出石・総持寺に対し敷地の證文・坪付等を提出させている(垣屋遠忠書下「総持寺文書」)

 

文明9年(1477)6月、垣屋遠忠は養父郡小佐郷国衙(光院に寄進している(屋遠忠書下「日光院文書」)。

 

明応9年(1500)6月方庄本所分の内、観音寺村の田地1町を日光院に寄進している(垣屋遠忠寄進状「日光院文書」

 

永正6年(1509) 9月、垣屋豊知は妙見社の神田として三方庄本所分の半済分5段に田地(村尾)を寄進している。

 

永正15年(1518) 8月、垣屋豊知は三方庄本所分の田地5段を日光院に寄進している。

 

元亀2年(1571)6月、垣屋越中守学続(宵城主)垣屋下野入道宗現は佐伯孫左衛門に森津(旧豊岡市)辺りの新田を売渡している(垣屋宗現・同孝続田地売渡状「佐伯文書」。

 

天正6年(1578) 4月には、垣屋豊続は「宵田表」の戦・「水生古城」の戦で織田勢一時的に勝利している。

 

この戦いは宵田城や水生城周辺での合戦で、毛利方(垣屋豊続、古志重信、宇山久信ら)と織田方(垣屋光成・恒総?、宵田城主、伊藤与三左衛門尉ら)の戦いである。

 

この時豊続の子垣屋兵部丞に討捕られた、織田方の伊藤与三左衛門は「宵田城の城督」であった。

 

城督とは城代のことで、天正6年段階では宵田城は完全に織田方に握られていたことになる。

 

またこの時の宵田城主は、元亀2年に史料を残している「孝続」であろう。

 

天正13年(1585)には有子山城主前野長康が宵田町に楽市令を出し(「但州発元記」)、文禄4年(1595)正月には前野長康が「江原新町」の諸役を免除すると共に、在郷百姓の新町への移住を禁じている(前野長康諸役免除状「田口文書」)。

 

また、小出吉政も文禄4年8月「江原村新町」の諸役を免除している(小出吉政判物「田口文書」)。

 

『豊岡市の城郭集成Ⅱ』豊岡市教育委員会より引用。

 

宵田城

宵田城は日高平野の南端、円山川の狭隘部に突き出た標高一五〇mの山城で、 江原市街地を眼下に見おろし、はるかに豊岡方面を望む要衝の地にある。

 

城の 東南の三面は急峻で、稲葉川が堀のようにめぐっている。頂上の本丸は広い平地に造られ、石垣・石段などに使用されたらしい石がわずかに残って いる。

 

四方には数段の郭が造られ、山城としての雄姿を示している。

 

本丸跡からは古瓦が出土し、東二の丸に井戸跡と水を引いた水路跡が残っている(『但馬の城』)。

 

この城は、永享二年に楽々前城主垣星隆国が築城し、二男の垣屋隠岐守国重を城主とした。

 

天正三年(一五七五)の野田合戦は鶴城主(豊岡市)田結庄是義と垣屋一 族との戦いであった。

 

気多郡・城崎郡一帯は垣屋氏の勢力地域であったが、その中にあって田結庄氏が織田色を濃厚にしてきたため、垣屋豊続 がこれを攻めたといわれる。

 

また垣屋忠顕も垣屋光成もこれに加わったともい われ、諸説があってはっきりしない。

 

「垣屋系図」によれば、「垣屋忠顕・垣屋光成・垣屋宗時が是義を討つ」となっている。

 

天正八年の羽柴(豊臣)秀吉の第二次但馬征討に関しては水生表の戦があり、 続いて宵田表の戦があった。

 

この宵田表の戦は秀吉の但馬攻略の最終段階の戦いであった。

 

宵田表の戦を知りうる唯一の記録として、次のような垣屋豊続感状「田結庄文書」がある。

 

今度宵田表に至り相勤候処、則ち、織田勢罷出候の間、水生古城において合戦に罩び候処、初の合戦此方の手後れに候て、右左の者共越度仕るについて、敵いよいよ勝に乗じて相懸り候の間、諸勢坂中迄引上、難儀これに 過るべからず候き、然りと雛も拙者父子相闘候の処、貴所の儀同所に御鬮候、誠に手数を砕の剋、相戦い切崩し勝利を得るの刻、貴所比類無き御勤め目を驚かせ候、剰さえ鍵下において宗徒の上勢一番頸を討捕候、寔に拙 者家における御厚恩迄に候、即ち其の趣、公儀に申し上げ候処、御感状成 され候、御頂戴目出たかるべく候、仍って軽浅の様に候といえども、臨指一備前事進入れしめ候、感申さしめ候、殊の外切れ能と申し到来候問、 蔵本望たるべく候、尚以って、向後御入魂希うところに候、た 野和泉守申し入れらるべく候の間、詳かあたわず候、恐々謹言。

(天正八年) 六月十三日

垣屋駿河守

豊続(花押)

岡遠江守殿

御宿所

(『日高町史』)

 

この書状でわかるように、水生古城の合戦は手遅れとなったが、宵田城下の宵田表合戦は一時的にもせよ、勝利を得たので、垣星豊続が岡遠江守に感状を出している。

 

宵田表合戦の時の宵田城主は垣星光成の弟峰信であった。

 

峰信は薬々前城に逃れ、六月十八日に討死した。

 

鶴峰城主光成は秀吉に路伏した。

 

これで秀吉の但馬征討は終了した。

 

『日本城郭大系』12より引用。

 

城主家系図

 

城主石高

垣屋氏全体では10万石とも言われる。

 

所感

●垣屋氏は山名四天王として大いに勢力を張っていたが、豊臣秀吉の但馬征討により没落した為家系図に混乱が生じている。

 

●城はしっかりと造られているが、宵田表合戦の前により強固に築城されたのかもしれない。

 

●公園化しており、比較的攻城しやすい山城。

 

 

関連URL

【兵庫県】鶴城【豊岡市山本字鶴ガ城】

同じく山名四天王である田結庄氏の居城、他の垣屋氏と一緒に攻める。

 

参考URL

城郭放浪記(但馬宵田城)

西国の山城(宵田城)

山城攻略日記(宵田城)

宵田城 -但馬の城ー – 秋田の中世を歩く

垣屋氏(ウッキペディア)

武家家伝(垣屋氏)

 

参考文献

『豊岡市の城郭集成Ⅱ』

『兵庫県の地名』

『日本城郭大系』12

公開日2021/09/04

ホームに戻る

攻城一覧



Copyright © 山城攻城記 All Rights Reserved.