Pocket



城データ

城名:浄土寺山城

標高:47m

比高:35m

築城年:鎌倉時代

城主:古志氏

場所:島根県出雲市下古志町

北緯:東経:35.336939/132.740372

Google マップ (Google Maps) で緯度経度を指定して場所を見つける方法

※C. フォーマット「度(DD)」の場合を参照。

 

攻城記

現在妙蓮寺の付近が山城跡になっている。

標識がポツンとある。

妙蓮寺も曲輪だったのかもしれない。

浄土寺山城の矢竹。

上に登っていく。

山頂にある社。

ここら辺が本丸か。

周辺部。

浄土寺山城全景。

 

位置関係

 

城の概要

出雲国・隠岐国守護の佐々木泰清の九男義信が地頭として古志郷に入り、鎌倉後期に古志氏と改称して浄土寺 山城を構えたと推定される。

 

城は標高わずか四七メート ルで、山上に甲の丸、一段下って一の平があり、円井戸 が残る。

 

大手口は真北約五〇〇メートルの居館に向かい、 麓の堀は今の十間川である。

 

搦手は宇賀池が堀の役割を果し、南方は切岸をもって区切られ、一の平の南丘上に 馬場跡がある。

 

水は保持石谷から井手を引いた。

 

居城を 南の標高一三四メートルの栗栖山へ移したのは元弘-建武年間(一三三一~三八)という。

 

『島根県の地名』より引用

 

浄土寺山城

浄土寺山城は出雲市下古志町の南方約一㎞の所にある日蓮宗の古刹妙蓮寺の 裏山にあった。

 

標高四七mのやや小高い丘で、前面には平野が広がり、背後の くりす 山には概森城・栗栖城が存在した。

 

この両城と当城とは「古志三城」といわれ、 古志氏に属する山城であった。

 

当城の歴史は定かではないが、城主は古志氏とされている。

 

古志氏は佐々木氏の一族で、鎌倉時代末期から生産力の豊かな古志郷を本拠として、室町時代にかけて土豪として成長していった。

 

『三刀屋家文書』によると、明徳四年(一 三九三)に三刀屋氏が古志氏の「古志高陣」(古志三城のどれに当たるかは不明) を攻めたとあるので、この頃までに構築されていた可能性が強い。

 

廃城の時期 は、『雲陽軍実記』によると、時代が下って元亀元年(一五七〇)に古志氏が毛 利氏に降った時とされており、また、『佐々木氏系図』には「其後慶長五年毛利家義之時古志舞代々之本領ヲ立退ク」とあり、十六世紀後半と考えられる。

 

遺構としては、長く延びる尾根の上に大小さまざまの郭が二十数か所存在し、 長期間にわたって使用されたことを物語っている。

 

なかでも妙蓮寺の裏山には 二五m×九mの主郭をはじめ多くの郭が集中しており、また、寺の敷地面より 一段上にも大規模な平坦地が存在するが、ここには居館などの重要な施設が置 かれていたものと推定される。

 

当城は神戸川の出口を押さえ、かつ神門水海から平野への進入を防禦するなど、この平野南部において軍事的に重要な役割を担っていた。

 

『日本城郭大系』14より引用

 

城の歴史

元仁2年(1225):古志義信によって築かれた。

 

建武年間(1334年~1338年)には栗栖城を築いて移動した。

 

 

城主家系図

 

城主石高

1591年頃の石高

古志新十郎(豊永) 500.024 備後 恵蘇

 

古志因幡守(重信) 200.196 備後 御調

 

所感

●城は古志氏初期のものでそこまで大きなものではない。

 

●現在は妙蓮寺のある場所の裏山にある。

 

●古志氏は出雲守護大名である佐々木氏の庶流で(初代義信は泰清の九男)で神門郡古志を領して古志氏を名乗った事に始まるという。

 

関連URL

【島根県】栗栖城【出雲市古志町】

古志氏中期の城。

【島根県】戸倉城【出雲市稗原戸倉】

古志氏後期の城。

 

参考URL

城郭放浪記(出雲浄土寺山城)

武家家伝(古志氏)

古志重信(みやざこ郷土史調査室)

 

参考文献

『島根県の地名』

『毛利八箇国御時代分限帳』

『日本城郭大系』14

公開日2021/07/11

ホームに戻る

攻城一覧



Copyright © 山城攻城記 All Rights Reserved.