参考図書:家系図を作って先祖を1000年たどる技術

著者:丸山学



主な内容

第1章 1000年旅行の旅支度と心得

1 1000年旅行の風景を知ろう

2 平安朝の「氏」にたどり着くのが1000年家系図のゴール

3 あなたは源氏? 平氏?-日本の名家系図

4 自分の身体に、歴史上の有名な血が流れている可能性は意外と高い

5 ご先祖の名前を判明させることだけが目的ではない

6 インターネット時代の便利ツール

第2章 幕末までは戸籍で確実にたどる

1 戸籍の基本を知ろう

2 今、戸籍がどんどん廃棄されている!?

3 ミニ戸籍用語集

4 まず、自分の現戸籍を取得してみよう

5 誰の戸籍でも自由に取得できるのか?

6 戸籍をたどっていくと必ず出くわす問題とは?

7 戸籍請求の方法

8 旧土地台帳について

第3章 江戸時代のご先祖をたどる技術

1 江戸時代のご先祖に出会うための考え方

2 「くずし字」にどう対処するか?

3 武士だったか否かが問題

4 分限帳に書かれていること

5 宗門人別帳の見方

6 過去帳の読み方

7 お墓、神社の調査も忘れずに

第4章 江戸時代を調査するための下準備

1 まず、郷土史を取り寄せる

2 菩提寺への手紙の書き方(菩提寺が特定されている場合)

3 菩提寺への手紙の書き方(菩提寺が特不明の場合)

4 現地に出向く場合の必需品

第5章 戦国時代を駆け抜けて一気に1000年たどる

1 中世は、すでにどこかに存在している家系図を見つけることが効率的

2 家系図に書き表してみる

3 手紙を書いて出してみる

第6章 家系図作成日誌

おわりに-これからの1000年を残そう


【所感】

著者の丸山さんは行政書士の方です、行政書士は戸籍を職務で取得出来ますので、インターネットを確認すると多くの行政書士の方が家系図作成の代行サービスをされています。

しかし、戸籍の取得を行い家系図の作成までのサービスが多い中、丸山さんは現地調査まで実施して頂ける、エキスパートな方です。

当然、実地調査での経験に勝るものはありませんので、群を抜いたノウハウを持っており、この本にはそのノウハウが数多く記載さいています。

更に、先祖を調べる上で根本的な事を示唆されている事なども、他の方では無い視点だと思います。

 

具体的には、戸籍の取得から江戸時代の調査方法まで1つ1つ順を追ってやることを列記しています。

インターネットを使用した調査方法なども以前の本では記述されていないものです。

また、手紙の書き方などは、とても分かり易く、誠意のある書き方で先方も不信感にならない文章になっています。

 

私が特に感銘を受けたのは、

●ご先祖の名前を判明させることだけが目的ではない

●おわりに-これからの1000年を残そう

です、先祖探しのテクニックではなく、根本的に何故先祖を探すのか?を自分なりに考えさせられました。