Pocket



 

城データ

城名:枝の城

別名:野田の城

標高:425m

比高:10m

築城年:不明

城主:森脇氏

場所:広島県山県郡北広島町大朝

北緯:東経:34.776716/132.451440

Google マップ (Google Maps) で緯度経度を指定して場所を見つける方法

※C. フォーマット「度(DD)」の場合を参照。

攻城記

これを登れば本丸に着く。

大朝町史跡 枝ノ城跡

所在地大朝町大字大朝字野地

 

指定年月日平成四年(一九九二)四月三十日

枝ノ城跡は、比高が僅かに10mばかりという低い丘陵の突端にあって 頂上には、一辺が約二〇mの方形と一辺が約一五m以下の三角形をした郭 からなる小さな城跡です。

 

しかし、堅固な堀をめぐらしていて、その遺跡がうしろ側によく残っています。

 

近くには、「上堀」、「後堀」いう地名が屋号となって残っていました。

 

永禄五年(一五六二)二月、石見国有福の乙明城にいだ福屋の軍勢が、 不意に大朝の領内に攻め一んできたとき、吉川元春に仕えた森脇弥三春近 は、この城から出て、大塚で戦ったことが、昔の軍記物に書がれています。

 

枝ノ城跡は、戦国時代に築かれた、大朝町にのこる、唯一の館城跡です。

 

平成四年五月  大朝町教育委員会

 

本丸

森脇氏縁の墓石か。

降りてみる。

深い堀を形成している。

本丸を臨む。

 

余湖図【枝の城】

当時のイメージ図(余湖図コレクションより引用)

 

城の概要

比高10mの段丘先端部に位置する。城の北東側,段丘面との間には,幅15m,深さ5〜6mの堀切を入れて独立させている。

 

現在堀底は,北東側では水田,北側では竹林となる。

 

1郭は東西20m,南北10mの規模で,南側に0.5m低く,各辺が10m余の三角形をした小郭が付属する。

 

さらに,南西側4m下方にも小郭があるが,墓地の造成工事によって一部破壊されている。

 

吉川家臣の森脇氏が城主と伝えられる。

 

『広島県中世城館遺跡総合調査報告書』より引用

 

枝の城

枝の城は、大朝盆地の西方を画する枝の宮神社の丘陵の東方約一〇〇mにある丘城で、枝の宮神社宮司森脇氏に関係する城と考えられている。

 

この城は、南に延びる低丘陵の先端を利用したもので、丘陵背後を幅約二〇 mの空堀で区切り、頂部を一辺約二〇mの方形と、一辺約一五mと六mの三角 形の郭に分けており、その南前方約一〇m下方の微高地に約四〇m 四方の郭を 配し、正面の居館と背後の城・空堀が一体になったものと考えられる。

 

なお、城の周辺には「上堀」「後堀」の地名が残っている。

 

『日本城郭大系』13より引用。

城の歴史

永禄5年(1562):石見国の福屋氏の軍勢が攻めてきた時に、森脇春近がこの城から出ていった。

一族と思われる人物

森脇一郎右衛門尉春秀

森脇宗兵衛尉春忠

森(脇)四(郎)兵(衛)春貞

森脇弥六春得

 

吉川家臣に森脇氏は多いが特に上記の4人には「春」の通字がある、森脇弥三春近と関係がありそうな人物。

 

『芸備国衆家臣団一覧表  村井良介』より

 

所感

●城というよりも城館というイメージ。

 

●しっかりと整備されている、藪化されていない。

 

●城の北側に大きな堀があり、こちら側を防備の意識としていたと思われる。

 

●森脇氏は吉川氏の中では重臣だったと思われる。

関連URL

【広島県】駿河丸城【山県郡北広島町大朝字間所】

主家である吉川家の初期居城。

 

参考URL

城郭放浪記(安芸枝の城)

 

参考文献

『日本城郭大系』13

『広島県中世城館遺跡総合調査報告書』

『広島県の地名』

『広島県地名大辞典』

『安芸の城館』

『広島の中世城館を歩く』

『萩藩諸家系譜』

『毛利八箇国御時代分限帳』

『萩藩閥閲録』

公開日2022/02/11

 

ホームに戻る

攻城一覧

 

Copyright © 山城攻城記 All Rights Reserved.