12019 / Pixabay

 

スポンサーリンク

○山田家

山田家は祖母の実家なので小さい時から、毎年お盆には墓参りをしていました。

また、祖母から山田家の歴史も少しは聞いていました。現在、山田家は京都に引っ越しており、祖母に紹介してもらい、京都に話を聞きに行きました

山田小之平が江戸時代の末期に宮大工として流れてきたのがいいつたえの始まりです。

昔から父や祖母から「先祖は石州からきて宮大工だった、三次から当村にきた」という、いわば伝承がありました。

さらに、石州からだと街道が三次とつながっており、いったん三次で宮大工をしつつまた当村に北上したのではと推測します。

ここには有名なお寺もあるし、宮大工としてはいい仕事ができたのではないでしょうか?

石州の寒村で貧しくて食べられないので、手に職をつけていったのではないでしょうか。

 

また、山田小之平がどこからかこの村に流れ着いたので戸籍以前が遡れません。

当然、古い位牌などもなく小之平の墓が最も古い墓です

山田小之平は息子の愛助の戸籍に前戸主として記載、旧墓に小之平の墓があり、山田の初代に当たります。

石州は冬に雪深くなるため、技術労働者が非常に多かったようです。(石州瓦は有名だし大工なども多くいた)

そんな中で小之平は技を身につけ、いろいろな村を転々としたのではないでしょうか。

そして最終の安住の地がこの村ではないでしょうか?(江戸時代末期)

もうひとつは小之平の妻「チカ」がこの村の娘で転がりこんだのではないかと推測します。

宮大工といえば当事では社会的地位は良かったのでしょうか?

曽祖父の莊太郎は地域の有力な人物で裕福だったし、祖母は尋常小学校でなくてその上の学校まで通いました。

高祖父である愛助も羽振りはよかったようです。

その父親である小之平がいきなりチカと流浪の末に村にきて財産を築くのは無理があります。

それよりは村の有力者の娘であるチカと結婚、そのまま土地を引き継いだ、と考えるのが自然ではないでしょうか。ちなみに小之平とチカがいる墓には彼らの墓以外に他の墓があります。

だれの墓かというとその土地の村役人(タタラの鉄を管理した下級武士?)です。

その墓所に小之平がいたということはやはりチカがその役人の娘だったのではと推測します。(祖母の話では戦前は駕籠や槍、刀があったらしい)

「土地を引き継いだから駕籠や槍を一緒にもらったのか」と思っていましたが、役人の娘と結婚したのではないでしょうか。

学んだこと

また、山田家の菩提を祖母から聞き、そのお寺に過去帳を見せてもらいに行きました。

まったく約束なしで尋ねたにもかかわらず「山田家の子孫です」と名乗ったところ過去帳を見せてくれました。(山田家は村の有力者だったのでしょうか?)

当然、小之平以前は記載されていませんでしたが、墓に彫ってある戒名と文字が微妙に違っていたり、色々勉強になりました。


参考になりましたら、ポチっとお願いします。 にほんブログ村 歴史ブログ 歴史情報へ にほんブログ村